自動車ローンの金利について

自動車ローン,金利,審査

自動車を購入する時はまとまった金額になるので、ローンを組んで購入資金を調達する人がほとんどだと思います。

 

金融会社が扱っている自動車ローンには色々なものがありますが、貸付条件は会社ごとに違います。金額が比較的高額になるので、自動車を購入する時には、自動車ローンについても調べておくことをおすすめします。

 

銀行

まずは王道の銀行ですが、取り扱っている銀行によっては、金利の他にローンの保証料という名目で別途手数料を取られるケースがあります。
自動車ローンの中には、保証料を支払わなくてもいいタイプのものも存在しています。
手数料をないがしろにしていて、金利ばかり気にしていたら、結果的に損になってしまう可能性すらあります。

 

ディーラー系金融会社

銀行以外では自動車ローンは、ディーラー系の金融機関でも取り扱いしているので、利用することが可能です。
ディーラー系金融会社は、銀行よりも高金利というネックがありますが、キャンペーン企画が行われていたり、
車種によっては金利の割引が行われていることもあります。

 

更にディーラー系の良いところは、ローンを利用すると車体価格自体が安くなるケースがあることです。
ディーラーは車を売るだけではなく、ローンからも利息収入が見込めますから、車体価格を下げてでも儲けが出る仕組みになっています。

 

貸付条件によっては、ディーラー系の自動車ローンを組む時に車自体を値引きしてもらった後で、より低金利のローンに借り換えてもいいでしょう。
自動車ローンを組んで自動車を買う時には、どんな借り方をすると返済の負担が軽くなるか追求してみてください。


自動車ローンの審査について

最近は若者の自動車離れが指摘されていますが、妻子ができると、ファミリーカーが必要になることがあります。

 

手持ちのお金で自動車を買うのではなくて、自動車を買うためのローンを組むという方は大勢いるようです。
いざ自動車が必要になった時に手持ちのお金がない場合は、ローンに頼るしかありません。

 

ある程度の預貯金を持っている人でも、自動車を買うために手持ちのお金を全部払うわけにはいきませんので、ローンが便利です。

それぞれのメリット・デメリット

銀行のローンだけでなく、ディーラーローン、消費者金融系ローンなど、金融会社の系統はいくつもあって、融資条件にも差があります。

ディーラー系ローン

ディーラー系のローンの利点は、申し込みがとても簡単にできることです。
ディーラー側は、契約を手早くまとめたいため審査もスピーディですし、申し込み用紙の書き方も簡単ですが、金利は高くなりがちです。

 

信販系ローン

信販系のローンは、金利が他の金融会社と比較すると高いと言われていますが、審査のハードルは低いというメリットがあります。

 

銀行ローン

銀行については、比較的金利が安めですが、ローンの審査項目も多く、手続きの手間があります。

自動車ローンは納得のいく探し方で

近年では、ネットで申し込みが完了するローンもありますが、銀行窓口まで行かなければ申込みができないものもあります。
審査が終わるまでしばらく時間がかかることや、働いている人でも平日に時間のやりくりをして金融機関に行かなければいけないことがネックです。

 

自動車を購入する時に、どんな自動車ローンにしたいかは一人一人で判断の分かれるところです。
返済はしばらく続きますので、納得のいく探し方をするようにしましょう。

自動車ローンを比較する方法について

自動車ローンは、どの金融機関から借りるかによって、金利や、返済方法が異なりますので、あらかじめ調べておきましょう。

 

買いたい車をすぐにでも購入するための資金が不足している場合は、自動車ローンを組んで購入資金にするといいでしょう。
手持ちの資金が足りない時は、教育ローン、住宅ローン、リフォームローンといったローンを活用するという方法があります。

 

一般のローンは借りたお金を何に使っても問題ないですが、自動車ローンはその時登録した車に対してのみ使えます。
自動車を買う時に、自動車ローンの手続きをしたという人は、案外多いのかも知れません。

 

日頃の買い物は現金でしているけれども、自動車だけはローンを遣っているという人もいるようです。

各社の特徴をリサーチしておく

色々な金融会社が自動車ローンを扱っていますので、各社の特徴をリサーチしておくと選びやすくなるでしょう。
信販系は比較的金利が高く、ディーラー系は真ん中辺で、銀行のローンが最も低金利です。

 

金利にばかり目がいきがちですが、金利のほかにも、自動車ローンを検討する時には確認しておきたいことがあります。
申し込み書類の作成が大変で、申し込み後もすぐには審査の結果が出ないローンが、銀行系ローンです。

審査のハードルが低く、申し込みから結果が出るまでが時間がかからず、
手続き全般も簡単なところが、信販系や、ディーラー系の特徴
です。

 

自動車を買う時には、どの金融会社の自動車ローンを利用するか、各社の条件を見比べながら納得のいくものを探すといいでしょう。

金利の低い自動車ローンへ借り換えるメリットとデメリット

自動車ローン,金利,審査

自動車ローンの返済の負担が大きいと感じたときは、
今よりも金利の低い自動車ローンへの借り換えを検討すると良いでしょう。

 

金利が低くなるので利息の負担が少なくなるメリットがあります。

 

しかし、これにはデメリットもあるので注意しなければなりません。

 

返済総額を確認しましょう

まず、単に金利が低いところに借り換えれば良いというものではありません。

 

元の借り先に対しては繰り上げ返済手数料や保証料、事務手数料などの費用が必要になります。

 

比較的短期間のローンなので、あまり金利に差がない場合、返済総額が高くなってしまうことも考えられます。

 

そのため、借り換えを行う場合はこれらの費用も含めた上で安くなる自動車ローンを探さなければなりません。

 

また、これには他の自動車ローンと比較したり、手続きを行うために自分自身の時間を使うことになります。

 

返済総額が安くなっても少額であれば使った時間と釣り合わないこともあるので、これらも考慮して借り換えを行うのが得になるのかどうか検討しましょう。


[自動車ローンは比較して決める]関連情報